真なるダイナミクスの追求によるシステム制御理論の躍進を目指すシンポジウム2019

本調査研究会では下記の通り,シンポジウムを開催します.本調査研究会の委員でない方でもご参加頂けますので,ご興味をお持ちの方の積極的なご参加をお待ちしております.会場のホテルへの宿泊などの都合上,事前申し込みをお願いしております.参加申込方法や宿泊の詳細などは以下をご一読ください.

開催要領

開催日時 2019年10月5日(土)10:30~2019年10月6日(日)12:00
開催場所 霧島国際ホテル (鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930番地12)
主催 (社)計測自動制御学会 制御部門 真なるダイナミクスの追求による次世代システム制御理論調査研究会
共催 (社)計測自動制御学会九州支部鹿児島地区

開催主旨

システム制御理論はこれまでに数多くの工学的・理学的貢献をしてきたが,これからの課題として,IoTやサイバーフィジカルシステムなどによる超スマート社会の実現(Society 5.0)や第四次産業革命(Industry 4.0)等への貢献のために更なる発展が期待されている.そのためには様々な性質を持つシステムを複合的に捉え,総体としてのダイナミクスの真なる姿を明らかにし,それらを活用して種々の制御機構を開発していかなければならない.従って,線形/非線形,確定/確率,連続/離散,集中/分散など従来型のクラス分けを再考し,それらの垣根を取り払うことによりシステム制御理論を統一的に取り扱えるようにしなければならない.本シンポジウムでは,これまで蛸壺的であったそれら研究成果を持ち寄り,互いの垣根を取り除くことにより各参加者の視野を広げることで,イノベーションの種を撒くことを目的としている.

講演予定について

こちらのページをご覧ください.

参加費および宿泊について

  • 参加費:

    一般10,000円,学生3,000円を予定していますが,参加者数等に応じて増減する可能性があります.(確定次第,修正します.)
  •  
  • 技術交流会費:

    一般3,000円,学生1,000円を予定しています.
  •  
  • 宿泊について:

    初日は22:00終了を予定しておりますので,会場ホテルへのご宿泊を推奨しております.会場ホテルは和室四人一部屋が基本となりますが,どうしても個室が良い,別の宿を確保する予定等のご希望は参加申込フォームまたはメールにてご相談下さい.
  •  
  • 前泊について:

    初日は10:30開始を見込んでおりますので,遠方からお越しの方は前泊が前提になると思います.会場ホテルもしくは近隣の温泉街に宿泊されるのがお勧めではありますが,鹿児島市内や国分付近でも間に合うと思います.

参加申込について

参加申込ならびに講演申込はこちらの参加申込フォームでお受けしております.参加申込期限:2019年8月23日正午(部屋の確保がございますので,参加見込の段階で構いませんのでお早めにお申込み頂ければ幸いです.ご参加が流動的な場合は,フォームの備考欄に詳細をご記入下さい.)

連絡先

西村悠樹(yunishiの後にアットマーク、その後にmech.kagoshima-u.ac.jp)